ひびこれブログ

多趣味というか定まらない趣味のブログ、そして仕事について考えるブログ

カバンの中にこれさえあれば!コクヨ トライストラムス バッグインバッグ

久しぶりにガジェット以外のモノの話。


と言っても、ガジェットを入れるモノです。


カバンの中にスマートフォンタブレット、その周辺機器を入れる際にそれぞれの製品を守りつつ、スペースを有効活用できると非常に便利です。


そこで登場するのが『バッグインバッグ』『ポーチ』です。


今回はカッコいいバッグインバッグを見つけたので記録しておきます。

 

トライストラムス


大手文具メーカーのコクヨの製品でトライストラムスシリーズです。

 

trystrams


スーツ姿で持っていてもおかしくないシンプルなブラックです。

 

コクヨ、<GT600>シリーズのバッグインバッグとポーチを発売 | マイナビニュース


バッグインバッグというと実用性メインでポケットがいっぱいついていたり、何となくカジュアルなモノが多い中で、こちらは黒一色でポケットも必要最低限な仕様となっています。


以前、同じコクヨのビズラックシリーズを購入したことがありブログにもしましたが、こちらは色違いのレザーが施されていたりと少しカジュアルになります。

オフィスカジュアルが許される職場なんかではいいかもしれません。

 

バッグのなかみ - ひびこれブログ


個人的にはカジュアルな職場からザ・サラリーマンな職場に変わったので少し憚れます。

 

ネックは価格…

 

この商品、実用性は十分で見た目も好みですが、価格が5,000円(税別)と比較的高価な部類てです。


この形だと『仕事の時しか使わないな』など考えると即購入とはいかない価格です。


休憩時にガジェット類や手帳などをまとめてサッと持ち出したい時にちょうどいいモノを探していましたが、もう少し検討しようかと思います。


モノとしてはいいモノだと思うんですが。

 

 

コクヨ バッグインバッグ BizrAck A4 ネイビー カハ-BR11B

コクヨ バッグインバッグ BizrAck A4 ネイビー カハ-BR11B

 

 

 

 

( LIHIT LAB / リヒトラブ ) バッグインバッグA4 ブラック ( 440-0249s )

( LIHIT LAB / リヒトラブ ) バッグインバッグA4 ブラック ( 440-0249s )

 

 

 

 

 

iPhoneもついにDSDS!新型iPhone発表

今年もこの季節が来た!

 

今年も新型iPhoneが発表されました。


そしてついにiPhoneにもデュアルSIM対応がされました。


物理的に2枚のSIMカードが入るのは中国向けのみとなり、国内版はnano SIMとeSIMという構成になります。


iPhoneの内部を見てみるとSIMカードのスロットは結構スペースを取っておりandroidのように長いSIMカードトレイを入れるスペースは現行機種を見るとありません。

 

 

 


中国向けの端末ではSIMトレイを2枚のSIMカードで挟む形となるようですが、どのような形になるのか興味深いです。


国内版ではeSIMを採用となりますが、現在一般的なスマートフォンではeSIMは提供されていないと思います。


docomoのdtabだったりApple WatchはeSIM対応ですが。


Softbankは提供予定との事ですが大手のdocomoauは未定との事です。

 

新iPhoneのeSIM、ソフトバンクは「対応予定」 ドコモとauは?(ITmedia Mobile) - Yahoo!ニュース


ネットワークの制約上、MVNOでのeSIMは難しいようなので、是非大手3キャリアは早期に対応してくれるといいなと思います。


そうすると物理的なSIMトレーが空くので、そこに別のSIMを入れて使う事で複数回線を持っている人にとっては有効に使うことができます。

 


故障も減るかも

 

物理的なSIMトレーに関しては、時々「SIMなし」となる不具合もあります。

 

軽度なものであればトレーを抜き差しすることで治る事もあります。

 

ひどければ復元を掛けたり、完全にハードが故障した場合は本体ごと交換が必要な場合もあります。

 

もちろんeSIMになってもシステムの問題での故障はあるかと思いますが、取り外し可能な部品で接触する部分なので故障率が下がるんじゃないかなと推測してます。

 

ゆくゆくは全てeSIMになり物理的なSIMトレーが無くなれば、耐水性の向上による水没故障の削減にも繋がるんじゃないでしょうか?

 

仮に実現してもまだまだ先のことでしょうが。

 

続報に期待!


何はともあれ各キャリアの対応について続報を待ちましょう。

 

 

ちょっと待ってよ、UQモバイル。MNP転出手数料値上げ!

まだまだ終わらないUQモバイルの話です。


なんとなくネットニュースを見ていると気になる記事を見つけました。


UQ mobile、半年以内のMNP転出の手数料を6000円に値上げ - ケータイ Watch


UQモバイルMNP転出手数料が値上げになります


しかも9月15日から!


ニュースが出ていたのは9月14日です。


どうすることもできず、新手数料適応の日を迎えます。

 

転出目前に!

9月時点で利用5ヶ月の回線をMNPさせようと計画していたので、計画通り今月転出すると6,000円の手数料が掛かります。


想定外の手数料となりガッカリしました。


まあ、キャリアとしてはMNPを使ったお小遣い稼ぎをされないように、という対策なんでしょう。

なかには契約して即日で転出という事もあるでしょうから、そう行った意味では抑止には良いのでしょう。


これから大手キャリアでは新型iPhone発売に合わせておトク案件にも変化があるでしょうから、このまま転出するか一ヶ月待って割高な手数料を避けて契約するか要検討になりました。


MNP関係ではこんなニュースも


MNPのWeb手続きは来年5月末までに整備――総務省の新ガイドライン - ケータイ Watch


MNP手数料無料化!

新規参入する楽天からの提言だそうです。

新規参入する立場としてはどんどんシェアを取りたいので、このような提言をしたのでしょう。

消費者としては無ければ無い方が助かります。が、シェアのほとんどを占める大手キャリアとしてはメリットはほぼなく総務省としてもMNPとキャッシュバックの関係などもありそこまで、この点は後押ししないでしょう。


MNP手続きのネット対応

ほとんどのキャリアではMNP転出をしようと思うと、有人のコールセンターに電話を掛けることがほとんどです。

その際、対象の人のみですが引き留めが行われる場合があります。

具体的にはポイント等を付与して転出を思いとどまられせる、というものです。

総務省としては、それが自由競争を阻害しているというものです。

こちらも消費者としては助かります。

残念ながら僕は引き留められたことが一度としてありません。

ただ引き留められなくMNP転出番号を出してもらえたとしても時間が長時間かかります。

大体20から30分程度でしょうか。

そして特にポイントが付与されても留まるつもりがないと非常に面倒です。

サクッとネットで転出番号が発行がされるシステムは早期に実現してほしいと思います。

 

まあとりあえず

この業界は変化が多いので得したり、損したり色々ありますが、それが面白いです。

 

 

 

 

UQモバイルにもネットワーク利用制限ってあった?

またUQモバイルの話です。


先日契約したiPhone SEですが一括購入のため即日でSIMロックを解除しました。


なんとなくUQモバイルにはネットワーク利用制限は存在しないものと思っていました。


他のキャリアのように専用のページもありませんし。


試しに「UQモバイル ネットワーク利用制限」で検索してみました。


ネットワーク利用制限携帯電話機の照会について、問い合わせ先はどこですか? | よくあるご質問|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ


…ありました。


ただ確認方法としては電話での問い合わせでした。


電話での確認というとスマホがまだまだ普及する以前のガラケー(フューチャーフォン)時代にもありました。


かれこれ10年近く前にリサイクルショップでの学生バイトの際にそんな作業があったことを思い出しました。


UQモバイルの端末を売買する際は要確認ですね。

 

 



小さな発見でした。

 

SIMロック解除が一番かんたんなのはUQ mobile(だと思う)

UQiPhone SE契約

 

今年の9月になり恒例の新型iPhoneの発表が近づいてきました。

そんな中、UQ mobileのiPhone SEを契約してきました。

UQ mobileが販売する端末のうちiPhone以外はSIMフリーのため(多分)今までSIMロックの解除をした事はありませんでした。

今回も一括0円で契約したため即日SIMロック解除が可能です。

公式HPで方法を確認してやってみましたが非常に簡単にできたのですが一応記録しておきます。

 


やり方は公式HPにあり

SIMロック解除|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ

 

これだけ。


とくに説明は不要です。

 

指示の通り操作すれば1分で完了します。

 

一部のキャリアではモバイルからはアクセスできないページでしか解除ができなかったり、注意文が長々と出てくることがありますが非常にシンプルにできています。


UQ mobile契約のメリット

今回SIMロック解除をしてみて、この簡単さはUQモバイルを契約するメリットに感じました。

 

何だかんだで初めてUQ mobileを契約して1年程度が経ち、その間コールセンターの質の悪さなどによって個人的なイメージが悪くなっていました。

 

SIMロック解除の簡単さや速度の安定性なんかを考えるとほかのMVNOより優っている点を感じました。

 

ちなみにコールセンターを利用したのはMNP予約番号を発行するため。

 

その時の担当者は新人だったらしく明らかな教育不足。

 

それはとくに気にならないタイプ(非常に気が長いので)ですがそもそも会話が成り立たないくらい緊張で話が数十分進みませんでした。

 

それが別の担当者で2回ほどありました。

 

まあ利用者が急増しており担当者の教育が上手くいっていなかったのでしょう。

 

最後に

新型iPhoneも格安で販売してくれるといいのですが。

 

ポイントだけじゃないdポイントクーポン!

ポインコでお馴染み(?)

docomoのポイントサービス『dポイント』

docomoの利用料金や加盟店で使える、貯まるポイントサービスですが、クーポンもあります。

そのdポイントクーポンを使って安く買い物ができたので、その記録です。


アイロンがけがめんどくさい。

 

発端はワイシャツです。

季節は夏なので干したらすぐに乾くのでいい季節ですが、そのあとアイロンがけが待っています。

ノンアイロンのシャツを買えばいい話ですが、今持っているシャツはほぼ全部アイロンが必要なタイプでした。

今なら1,000円で買えるシャツも多いですが、アイロンがけが不要でまともなデザインを狙います。

 


dポイントクーポンを活用!

dポイントクーポンが使えるスーツのチェーン店は「洋服の青山」系列と「アオキ」系列です。

今回は洋服の青山系列の

The Suit Companyを利用しました。

それぞれにクーポンがあります。

まずは「dポイント 」アプリ

f:id:chockt:20180906132826j:image

「クーポン」をタップ

f:id:chockt:20180906132846j:image

「お店の一覧」をタップして希望の店のページまで進みます。

f:id:chockt:20180906132856j:image
クーポンページです。

2,000円以上の購入で1,000円が値引きされます。

大体3,000~4,000円のシャツがほとんどなので

3,000円の場合→30%OFF

4,000円の場合→25%OFF

と結構安くなります。

もちろん高額になればなるほど値引き率は下がります。

小物(ハンカチ等)で2,000円に収めれば値引き率は50%となり割引幅は最大になります。

 


オンラインショップへ

ちなみに期間が明示されていませんが送料無料キャンペーンが実施中でした。

f:id:chockt:20180906132924j:image

f:id:chockt:20180906132950j:image

商品を選び買い物かごへ

購入画面にはすぐクーポンコードの入力ボックスがあります。

そこにコードを入力すると

f:id:chockt:20180906133015j:image

クーポンが適用され1,000円引きになり1,800円になりました。

dポイントの利用はできないので残念ですが家にいながら安く買えたので満足です。

 

dアカウントをお持ちの方は利用してみてはいかがでしょうか。

スーツチェーン以外にも多くの店舗がクーポンを提供しています。

 

 

一度は使いたいスマホーBlackBerryー

auからBlackBerry!

BlackBerry KEY2 Blackがau+1 collectionで発売されることになりました。

BlackBerry KEY2がau + 1 Collectionから9月7日に発売。128GBモデルのみで税込8万9800円 - Engadget 日本版

発売日は9/7からでau Online Shopとau直営店でも販売するとの事です。

価格が89,800円(税込)です。

SIMフリーでの販売となり、auで販売するものの純粋に端末のみの販売となるようです。

 

Berry Berryたる所以


BlackBerryといえば物理キーボードを備えた元祖スマートフォン

 

 

iOSandroidに押され業績が悪化し今では製造は中国のTCLがしているそうです。

物理キーボードは健在でキーボードショートカットが用意されているのである程度の年齢層には魅力的ではないでしょうか。

僕も30代でPCはキーボード、携帯もT9キーボード等物理キーボードの方が馴染みがある世代です。

面白そうだなと思う反面10代の子たちには珍しい以外には魅力は少ないのかなと老いを感じます。

物理キーボード以外にBlackBerryといえばセキュリティに定評があり、ビジネスマンやオバマ前大統領も利用していました。

偏見ですが中国企業が製造していますので、セキュリティが高いスマホが欲しいというニーズは満たせるのか疑問です。

個人的にはそのまで秘匿する情報はないので特に困りませんが。

 


投げ売りはないでしょう…

値段が高額なため購入には至らないと思いますが、面白い端末なので一度触ってみたいと思います。

au以外ではビックカメラ等でも販売するようです。

auの代理店での販売もあれば、少し待って一括等で投げ売りなんかがあるかもしれないので狙い目でしたが、直営店ではなかなかそのような施策はないでしょう。

 

エントリーモデルの販売してほしい


エントリーモデルのBlackBerry KEY2 LEも広く販売されるといいなと思いました。

一度は使いたいスマホ個人的No1のBlackBerryのニュースでした。